8月31日(水) 秋田魁新報社にCEEA協力記事「節電大作戦」が掲載されました Vol.3

8月31日(水)付け秋田魁新報社に、CEEA協力記事が掲載されました。
前々回(6月18日)、前回(7月29日)に引き続き、紙面で紹介されているご家庭・事業所はCEEAの紹介によるもので、同シリーズの節電チェックシート作成や事業スキーム構築にも協力しており、今後とも継続して協力を行っていく予定です。

今回応募があったご家庭(萩原家)について、CEEAを行った診断内容も一部掲載されています。
萩原家では、「照明」の使い方に重点を多取り組みを行っており、トイレにはセンサー付きの照明を導入するなど先進的な取り組みが印象的でした。
萩原家のように、集中的に取り組む内容を家族で共有・実践することで、効果の検証もしやすくなります。
一般的な家庭では、エアコンや照明の他に、テレビや冷蔵庫の使用による電力消費が多いといわれています。
今回の萩原家のように、家庭の電力消費事情にあわせて、取り組む内容を絞り込んでみてはいかがでしょうか。

また、前回の松岡家と同じく、東北電力の検針票の値をグラフ化により「見える化」することで、「続ける」ことをモチベーションにできる可能性をアドバイスさせていただきました。

8月31日(金)秋田魁新報社掲載 我が家の節電大作戦

カテゴリー: CEEAの事業, メディア連携普及啓発事業「わが家の・わが社の節電大作戦」, 新着情報 パーマリンク