『Green Gift地球元気プログラム 沼の宝石じゅんさい摘み取り体験』開催しました!

Green Gift地球元気プログラム 沼の宝石じゅんさい摘み取り体験開催!

あきた地球環境会議では、平成29年度より東京海上日動火災保険株式会社が取り組む環境保護活動「Green Gift地球元気プロジェクト」の秋田県実施団体として、親子を対象とした環境体験イベントの企画運営を担当することになりました。

第1回目の今年度は、子どもたちが身近なところから環境について考えるきかっけを持つことを目的に、「じゅんさい摘み取り」の環境体験イベントを開催しました。

イベントが開催されたのは6月24日(土)と7月8日(土)の2日間、小学生のお子さんとそのご家族、各日15組の皆さんが集まりました。じゅんさい沼の周辺の自然に恵まれた環境に「市内からちょっとのところにこんな素晴らしいところがあるなんて…!」と参加者の方から驚きの声が上がりました。

はじめに、田舎暮らし大学みたね事務局長の笹村さんから三種町とじゅんさいについてのお話がありました。高級食材として知られるじゅんさいですが、きれいな水でなければ育つことができません。自然豊かな三種町の環境と、それを守る農家の皆さんの努力によって三種町は日本一のじゅんさいの産地になったということでした。

次に里山志戸田園の志戸田さんからじゅんさい船の乗り方、じゅんさいの採り方についてレクチャーがありました。じゅんさい沼の深さは大人の腰くらいとのことでしたが、バランスを崩すようなことがあっては大変。じゅんさいの成長を妨げないように、採り方にもコツがあります。参加者の皆さんも真剣に説明を聞いていました。

説明のあとはいよいよ摘み取り体験。船の前後にお子さんと保護者が乗り込みます。「初めてじゅんさいを見た」という県外出身者の方もいる一方、県内からの参加の方は「じゅんさいは好物」という方が多く、子どもたちよりもむしろ大人がじゅんさい採りに熱中しているようでした。摘み取り体験後にはそれぞれの収穫の重さを計り、グラム数が大きいと歓声があがる一場面もありました。

体験後には田舎ぐらし大学みたねの柴田会長から、じゅんさいの美味しい食べ方についてレクチャーがあり、美味しいじゅんさい鍋が振舞われました。お醤油ベースのお出汁には、地元で育った鶏肉・山菜などのうま味がふんだんに出ていて、じゅんさいのつるりとした食感によく合いました。おかわりをする人も多く、たくさんの笑顔が見られました。

両日ともお天気に恵まれ、ひんやりとした沼に手を入れるのは心地よかったようです。はじめは船に乗るのを怖がっていた小さなお子さんも、沼に住む様々な生き物に目を凝らしながら楽し気な様子でした。募集開始から申込が多く大人気だった今回のイベント。楽しみながら自然と親しみ、多くの事を学んだ実りの多い時間となったようです。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク