【秋田県委託事業】海のゴミ、元はどこのゴミ?事業で調査中の模倣ゴミは今どこに?㉑

秋田県委託事業
海のゴミ、元はどこのゴミ?事業において、放流調査中の模倣ゴミの8月6日14時頃までの移動経路について。
上・中・下流の放流した24個の状況をアップします。
調査期間の終了時期にともない、一部模倣ゴミの回収を行った。

下流域(0811c、0812cは圏外(海上)または発信無し。0738c、0736cは漂着していたため回収した。0739c、0813cは河口付近で停滞中と推察される。0737c、0809cは回収済み。)

中流域(0741c、0742c、0806cは発信がない。0807cは岩舘に漂着したと考えられるが、8月5日に一度発信が再度あったが現在は発信はない。0744c、0745c、0808cは中流および下流域で停滞中。0747cは回収済み。)

上流域(0577c、0732cは発信がない。8月5日の雨による水量の増加で0467c、0731c、0733cは再び漂流した。ただ0467cについては、2時台以降の発信がない(電池切れの可能性もある)。0575c、0730c、0734cは回収済み。

これまでの状況




















カテゴリー: CEEAの事業, 新着情報 パーマリンク