秋田市協働サポート交付金事業『気候変動対策×主権者教育』プロジェクト~みんなで描く、にじいろ未来~

あきた地球環境会議では秋田市協働サポート交付金を受け、
【『気候変動対策×主権者教育』プロジェクト~みんなで描く、にじいろ未来~】を実施しています。

■学習のねらい
①環境視点の主権者教育を通じて、社会参画に必要な主体性や判断力を養い、多様な地域課題に対する意識を高め、解決に向け行動できる人材を育成する。
②環境マニュフェスト作成や模擬選挙の体験を通じて、選挙や政治に関心を持たせ、社会の一員として自ら考え投票することの意義を理解する。

■概要
気候変動を題材とした主権者教育に関する講義と体験学習を行い、身近な
環境課題解決への行動促進と模擬投票による社会参画意識の向上を目指すプログラム。

■ESDとの関連
・有限性 地球温暖化や気候変動の学習を通じて、資源の有限性を学ぶ。
・連携性 環境問題と自分自身の生活や社会とのつながりを実感し、互いに協力して課題解決する必要性に気づく。
・責任性 社会の一員として、自分たちの未来を創る責任があることを意識する。

■SDGsとの関連
・ゴール4「万人への質の高い教育、生涯学習」
・ゴール11「住み続けられるまちづくりを」
・ゴール13「気候変動への対処」

 

 

 

■実施内容
2018年度
2019年度

【報告冊子】
ご覧になりたい方はCEEAまでご連絡ください

 

カテゴリー: CEEAの事業, 『気候変動×主権者教育』プロジェクト, 新着情報 パーマリンク