【地域版ESDプログラム】平成27年度 東北地区ESD環境教育プログラム集

00013

環境省では、「持続可能な地域づくりのための人材育成事業」として、
ESDの視点を取り入れた環境教育プログラムを作成し全国47都道府県において、
各地域の自然環境や歴史・文化などの特性を生かしたプログラムへと改良しながら学校現場での実証事業を行いました。
秋田県では、当法人が平成25年度より県内小学校の協力を得てプログラム策定及び実証を行い、3年目となる今年は八峰町立八森小学校6年生の児童を対象に、県内3カ所に存在するジオパークをテーマに、地域のジオ(地球・大地)の成り立ちや資源の有限性の学び、地球規模の保全と地域のジオを守る気持ちを醸成することを目的に全4回のプログラムを実施しました。

■【秋田県】のプログラムはこちら
秋田県ESD環境教育プログラム
『大地の声を聞こう! ~ 八峰白神ジオパークの宝 ~』

■実証内容はこちら
①45億年の時・・・太古の昔からあるジオって何?地球を知ろう!
②身近な火山について考えよう!
③「化石」から学ぶこと
ジオを壊しているのは人間?エネルギーの使い方に気づこう!
④八峰町自慢のジオ 皆に伝えて残していこう

カテゴリー: CEEAの事業, ESD, イベント情報, 新着情報 パーマリンク