【シンポジウム:白神山地ブナ林モニタリング調査20周年記念シンポジウム(10/14)】のご案内

世界遺産白神山地ブナ林モニタリング調査会 20周年記念シンポジウム

「みんなで見守る白神山地~白神山地ブナ林モニタリングの20年」

【参加無料:事前申し込み不要】

白神山地が世界自然遺産に登録されて25周年、4半世紀が経過した。この間、地球温暖化の進行やシカの分布拡大など、白神の森にも影響を及ぼしかねない事態も進行している。こうした状況の下、『世界遺産白神山地ブナ林モニタリング調査会』では、世界遺産の森なのだから、研究者だけではなく、地域住民も参加して「みんなで見守ろう!」を合い言葉として、一般ボランティア、学生、研究者、行政が協力してモニタリング調査を続けてきた。白神の森を感じ、その変化を知ることによって、地域にとって白神山地が世界遺産であることの意味を考えることにもつながるのではないかと考えたからである。ここに、モニタリング調査20周年を記念して、世界遺産登録25周年記念事業「秋の白神ウィーク」の一環として、シンポジウムを企画した。ぜひ多くの方に参加いただき、モニタリングを行う意義を知っていただき参加を呼びかけたい。

主催 世界遺産白神山地ブナ林モニタリング調査会

協力 環境省西目屋自然保護官事務所

日時・場所:

2018年10月14日(日)午後1時~3時

秋田県藤里町ホテルゆとりあ藤里(藤里町藤琴上湯ノ沢1-2:TEL: 0120-535-362)

内容

○基調講演 「森って動いているんだよ!」

中静 透 (白神山地ブナ林モニタリング調査会会長

総合地球環境学研究所プログラムディレクター・特任教授)

○パネルディスカッション「私たちがモニタリングを続けている理由(わけ)」

パネラー 中山 隆志(調査会会員;白神山地巡視員)

神林 友広(  〃  ;深浦町 白神倶楽部)

大野 美涼(  〃  ;弘前大学学生)

日下部 玄(  〃  ;北海道大学院生)

コメンテータ 中静 透

コーディネータ 蒔田 明史(調査会副会長;秋田県立大学教授)

 

調査会HP:  http://monitoring.sakura.ne.jp/

秋の白神ウィークHP(藤里町):http://www.town.fujisato.akita.jp/kanko/news_post.html?seq=117&kankotype_btn=1

 

担当者:生物資源科学部 教授 蒔田明史

(モニタリング調査会副会長;白神山地世界遺産地域科学委員会副会長)

018-872-1619;makita@akita-pu.ac.jp

カテゴリー: イベント情報, 新着情報 |

【WEB写真展:秋田の彩りを未来へつなぐ】のご案内

あきた地球環境会議では、平成30年度秋田市自然環境体験活動促進事業交付金をうけて、自然体験型写真講座を開催しました。
参加の皆さんが撮影した写真をご紹介します。

■同時開催中
平成30年9月26日~10月4日
遊学舎 県民ギャラリー
※ホームページでご紹介していない作品もありますので、ぜひ足をお運びください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: CEEAの事業, イベント情報, 新着情報, 秋田市地球温暖化防止活動推進センター |

【環境省】COOL CHOICE LEADERS AWARD 2018 募集中!

環境省では、
地球温暖化防止のための取組を募集しています !
「COOL CHOICE」に取り組んでいる“人”

「COOL CHOICE」を広げるための“アイデア”

あなたの「COOL CHOICE」をご応募ください。

華々しい活躍も、地道な努力も、
「COOL CHOICE LEADERS AWARD」は
あなたのCOOLな取組を表彰します。

詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー: イベント情報, 新着情報, 秋田市地球温暖化防止活動推進センター |

【秋田県委託事業】海のゴミ、元はどこのゴミ?事業模倣ゴミの漂着・停滞位置について(下流)

秋田県委託事業
海のゴミ、元はどこのゴミ?事業
模倣ゴミの漂着・停滞位置について(下流)
最終的な位置と一部その現地の様子(写真)を掲載いたします。



0736c



0737c


0738c


0809c

0811c

0812c(海上を漂流中と考えられる)


0739c、0813c

 

カテゴリー: CEEAの事業, 新着情報 |

【秋田県委託事業】海のゴミ、元はどこのゴミ?事業模倣ゴミの漂着・停滞位置について(中流)

秋田県委託事業
海のゴミ、元はどこのゴミ?事業
模倣ゴミの漂着・停滞位置について(中流)
最終的な位置と一部その現地の様子(写真)を掲載いたします。



0742c、0745c、0747c(写真は回収時のもの)、0806c



0807c


0808c

0741c


0744c

 

カテゴリー: CEEAの事業, 新着情報 |

【第18回 あきたエコ&リサイクルフェスティバル】のご案内

県内最大級の環境イベント「あきたエコ&リサイクルフェスティバル」が開催されます。
あきた地球環境会議(秋田市環境部環境総務課ブース内)も出展します。
多くのご来場をお待ちしております。

平成30年9月1日(土)、2日(日)
秋田駅前 アゴラ広場・買物広場大屋根下

あきた地球環境会議ブースでは以下の紹介・募集を行います。
・COOL CHOICE・あきエコどんどんプロジェクト・あきた次世代エネルギーパーク・みどりのカーテン写真コンテスト・マレーシアでの温暖化防止活動・家庭エコ診断・省エネアンケート・ちきゅう博士誕生プログラム
COOL CHOICEに賛同登録いただいた方、アンケートにご協力いただいた方、うちエコ診断を受診した方にはプレゼントを用意しています。

カテゴリー: イベント情報, 新着情報, 秋田市地球温暖化防止活動推進センター |

【秋田県委託事業】海のゴミ、元はどこのゴミ?事業模倣ゴミの漂着・停滞位置について(上流)

秋田県委託事業
海のゴミ、元はどこのゴミ?事業
模倣ゴミの漂着・停滞位置について(上流)
最終的な位置と一部その現地の様子(写真)を掲載いたします。



0467c



0575c


0577c、0732c

0730c、0734c


0731c

0733c

 

カテゴリー: CEEAの事業, 新着情報 |

【秋田県委託事業】海のゴミ、元はどこのゴミ?事業で調査中の模倣ゴミは今どこに?㉓

秋田県委託事業
海のゴミ、元はどこのゴミ?事業において、放流調査中の模倣ゴミの8月8日14時頃までの移動経路について。
上・中・下流の放流した24個の状況をアップします。
調査期間の終了時期にともない、一部模倣ゴミの回収を行い、
加えて、各GPSの状況についての更新は今回で終了します。
最終的な漂着・停滞位置についての詳細(Googleマップを用いた位置)を、明日以降更新していきます。

下流域(0811c、0812cは圏外(海上)または発信無し。0738c、0736cは漂着していたため回収した。0739cは河口付近で停滞中と推察される。0813cは今日の午前中に回収した。0737c、0809cは回収済み。)

中流域(0741c、0742c、0745cは発信がなく、0806cは一回だけ発信があった。0807cは岩舘に漂着したと考えられるが、8月5日に一度発信が再度あったが現在は発信はない。0744c、0808cは下流域で停滞中。0747cは回収済み。)

上流域(0577c、0732c、0467cは発信がない。0731cは下流域でそれぞれ再度停滞した。0733cは今日の午前中に回収した。0575c、0730c、0734cは回収済み。)

これまでの状況






















カテゴリー: CEEAの事業, 新着情報 |

【秋田県委託事業】海のゴミ、元はどこのゴミ?事業で調査中の模倣ゴミは今どこに?㉒

秋田県委託事業
海のゴミ、元はどこのゴミ?事業において、放流調査中の模倣ゴミの8月7日14時頃までの移動経路について。
上・中・下流の放流した24個の状況をアップします。
調査期間の終了時期にともない、一部模倣ゴミの回収を行った。

下流域(0811c、0812cは圏外(海上)または発信無し。0738c、0736cは漂着していたため回収した。0739c、0813cは河口付近で停滞中と推察される。0737c、0809cは回収済み。)

中流域(0741c、0742c、0745c、0806cは発信がない。0807cは岩舘に漂着したと考えられるが、8月5日に一度発信が再度あったが現在は発信はない。0744c、0808cは下流域で停滞中。0747cは回収済み。)

上流域(0577c、0732c、0467cは発信がない。0731c、0733cは下流域でそれぞれ再度停滞した。0575c、0730c、0734cは回収済み。)

これまでの状況





















カテゴリー: CEEAの事業, 新着情報 |

【秋田県委託事業】海のゴミ、元はどこのゴミ?事業で調査中の模倣ゴミは今どこに?㉑

秋田県委託事業
海のゴミ、元はどこのゴミ?事業において、放流調査中の模倣ゴミの8月6日14時頃までの移動経路について。
上・中・下流の放流した24個の状況をアップします。
調査期間の終了時期にともない、一部模倣ゴミの回収を行った。

下流域(0811c、0812cは圏外(海上)または発信無し。0738c、0736cは漂着していたため回収した。0739c、0813cは河口付近で停滞中と推察される。0737c、0809cは回収済み。)

中流域(0741c、0742c、0806cは発信がない。0807cは岩舘に漂着したと考えられるが、8月5日に一度発信が再度あったが現在は発信はない。0744c、0745c、0808cは中流および下流域で停滞中。0747cは回収済み。)

上流域(0577c、0732cは発信がない。8月5日の雨による水量の増加で0467c、0731c、0733cは再び漂流した。ただ0467cについては、2時台以降の発信がない(電池切れの可能性もある)。0575c、0730c、0734cは回収済み。

これまでの状況




















カテゴリー: CEEAの事業, 新着情報 |